MENU

2024 年 4 月、大阪スポーツ 賭博 に看護学部が誕生しました

「看護力」×「人間力」。人のこころとからだをトータルにケアできる看護師に

医療の高度化、在宅看護の推奨に伴い、看護職により高い専門性が求められる昨今、看護基礎教育においては、現代の医療の進歩や社会の変動に対応できるよう、2022 年度に第 5 次カリキュラムの改正が行われました。
スポーツ ギャンブル は 2024 年 4 月、従来の「健康科学部 看護学科」を「看護学部 看護学科」へと再編し、より独自性と専門性の高い教育を展開して行きます。新カリキュラムの導入とあわせて、分野・領域横断的な学びを可能とし、人間を総合的に多面的に理解することのできる人材、さらに医療の現場で求められる多職種連携や地域連携に対応できる人材の育成に努めて行きます。

 

ご挨拶

学部長学科長 豊島 泰子

スポーツ ギャンブル では、看護職を要請していく上で、次の 3 点を重視しています。

1 点目は、「生涯学び続ける学習力を培うこと」です。
日進月歩の医療現場に対応するためには生涯学び続けていくことが必要となります。スポーツ ギャンブル の看護学科では、看護基礎教育において科学的な視点で問題を解決する能力を身につけられるよう、自分自身で考える習慣が身につくよう指導しています。

2 点目は「学際的な学び」です。
スポーツ ギャンブル には健康科学部(健康栄養学科)、子ども教育学部(子ども教育学科)があり、それを活かして、学部学科を横断した学際的な取り組みが可能です。健康科学部 健康栄養学科との連携では栄養学的な知識を看護に生かす能力を、子ども教育学部 子ども教育学科との連携では幼児の発達過程を理解した上で看護に生かす能力を身につけることが可能です。

3 点目は「地域への貢献」です。
スポーツ ギャンブル がある北摂地域は、高齢化が進行する一方、出生数も増加しており、看護師の需要が増大しています。そのため今後も地域社会状況を踏まえて保健・医療・福祉の向上に貢献する人材の育成が求められます。スポーツ ギャンブル の看護学科では、授業の一環で学生が地域に出向き、地域住民との触れ合いを通して様々な学びを経験する機会を設けています。地域住民の方々とコミュニケーションを図りながら、学生がこの地域の特性を知ることでこの地域を好きになり、それぞれの医療機関や施設に貢献できればと思っています。そうして、この北摂地域において一人でも多くの卒業生が活躍できるよう、人材育成に努めてまいります。

 

授業 pick up

2022 年度にスタートした新カリキュラムのもとでは、大学が独自の科目を取り入れ、めざす看護師像に沿ってより明確な教育方針を打ち出すことが可能となりました。また、発達段階別に分けられていたものを、分野・領域横断的に学べるようにすることで、人を多面的に、総合的に捉えていく視点、より高度な看護に対応できる能力の獲得が期待されます。

家族看護学

現代社会における、家族を取り巻く環境、家族の抱える多様な問題について把握し、家族の機能や役割について学びます。授業の中では、様々な健康レベル、発達段階、生活状況の家族を取り上げ、家族の健康を促進するための看護について学修します。

がん看護

がんの特徴、治療、身体面、心理・社会面に対する基本的な看護について学びます。がんは幅広い年齢層において発病することから、対象者に応じた看護について学修する必要があります。基本的な治療である手術療法、化学療法、放射線療法の基礎も学修します。

ターミナルケア

幅広い年齢におけるターミナルケアの共通点と相違点を捉え、それぞれに必要なターミナルケアを学修します。

 

地域に根ざした学び

大阪スポーツ 賭博 の看護学部は、地域に根ざした看護を教育方針の一つとしており、地域に育てられ、地域に貢献する看護人材の養成をめざしています。看護の現場が施設内から在宅へと拡大し、地域を踏まえた看護、病院と地域との連携の重要性が高まるなか、独自の科目を設定して変化に対応します。

「地域実習 I」を通して

地域に根ざした看護の第一歩は、そこで暮らす人とコミュニケーションをとり、地域環境や生活環境を知ることです。大阪スポーツ 賭博 では、早い段階から地域に出て現場を知ることを目的に、1 年次前期に「地域実習 I」という授業を開講しています。地域で暮らす高齢者との交流や、地域で医療に従事する保健師からのレクチャー等を通して、まずは身近な地域の特性や課題を把握します。

看護学科 中島 千英子 助教
1 年次の夏に実施する「地域実習Ⅰ(必修科目)」では、地域に出向き、地域で生活する人々の地域環境や生活環境について学びます。多くの学生が、病院で働くことを希望しますが、訪問看護師や行政・産業保健師など地域における看護専門職の役割が広がる昨今、地域で生活する人々の健康を支えるには様々な職種の連携が必要です。学生らは、保健医療チームの一員としての看護専門職の役割を知る最初のステップとして、実際に地域を見て、感じて、考えながら楽しく実習しています。
看護学科 2 年次 宮本 寧華 さん
地域実習では、地区踏査や地域の施設訪問を行いました。そこでの経験から、今後病院実習において患者様の退院後の生活を考えた支援を計画する必要があることがわかりました。将来は訪問看護に携わりたいという思いもあり、この実習を通して地域で働く看護職の役割を知ったことは最大の学びでした。また、施設訪問、地区踏査でグループのメンバーと一つの課題について話し合い、学びを深めるなかで、連携して医療に携わることの大切さにも気づくことができました。
※年次は取材時
Google
euro サッカー ブック メーカー やり方 アイルランド ユーロ ダゾーン オランダ サッカー 勝敗 予想 uefa euro 2024 サッカー ユーロ 予選 ユーロ 放送予定 ヨーロッパ サッカー 予選 ユーロ 得点王
map